PAGETOP

企画展「鳥ノアトー手紙 紡ぐ言葉・伝える心ー」

2019年1月26日 〜 2019年3月10日

林原美術館

所在地:岡山県岡山市北区丸の内2-7-15

TEL:086-223-1733

FAX:086-226-3089

「鳥ノアト」とは、能筆で知られる後陽成天皇(1571~1617)筆の重要美術品「後陽成天皇宸館翰消息」の書中に出てくる、「鳥の足跡をみて文字が作られた」という中国の故事から転じた「文字や手紙」を意味する言葉です。
本展では館蔵の手紙と、手紙にまつわる品々を通して人・歴史・文化を展観いたします。

室町時代、将軍家に仕えた石谷家に伝わった手紙を全3巻の巻子に仕立てた「石谷家文書」からは、織田信長の死に触れた「石谷光政・頼辰宛 近衛前久書状」(第1巻)。長宗我部元親と信長との息詰まる交渉を記録した「斎藤利三宛 長宗我部元親書状」(第2巻)、信長に先立つ権力者であった三好長慶の政権の話題がわかる「京淀当座宛 三好長慶書状」など、話題の「石谷家文書」全3巻を展示。(※第2巻は2月23日(土)より展示)

また豊臣秀吉に仕えた利休の様子がうかがえる「千利休自筆書状」、橋慶喜(後の15代将軍徳川慶喜)が弟の第9代岡山藩主・池田茂政に宛てて、生麦事件などに言及した「池田茂政・松平余四麿宛 一橋慶喜書状」など歴史を記録した手紙や、天皇や女性の雅な手紙、さらに大名たちが交わした手紙もご覧いただきます。