PAGETOP

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

2019年2月6日 〜 2019年3月31日

サントリー美術館

河鍋暁斎(1831~89)は天保2年(1831)、下総国古河(現・茨城県古河市)に生まれました。数え2歳のときに家族とともに江戸に出て、7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始めます。その後、駿河台狩野派の前村洞和(?~1841)や、洞和の師・狩野洞白陳信(?~1851)に入門し、独立後は「狂斎」と号し、戯画などで人気を博しました。そして、明治3年(1870)10歳のとき、書画会で描いた作品が貴顕を嘲弄したなどとして投獄され、以後、号を「暁斎」と改めました。
この筆禍事件や明治政府を茶化したような風刺画によって、暁斎は「反骨の人」というイメージで語られるようになります。もちろん、38歳で明治維新を迎えた暁斎が、当時の江戸っ子たちと同様、新しい政府や急速な近代化に対して複雑な思いを抱いていたことは想像に難くありません。しかし、これらの行動の根底にあったのは政府に対する強い反発ではなく、あくまでも、慣れ親しんだ江戸文化への思慕であったと考えられます。
江戸幕府の終焉とともに狩野派は衰退していきますが、暁斎は生涯、狩野派絵師としての自負を持ち続けました。暁斎の高い絵画技術と画題に対する深い理解は、日々の修練と古画の学習を画業の基礎とした狩野派の精神に支えられたものでした。たとえば、晩年に日課として制作していた観音図や、先人たちの作品を丹念に写した縮図などからは、作品と真摯に向かい合った暁斎の姿がうかがえます。
本展では「狩野派絵師」としての活動と「古画学習」を大きな軸としながら、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望します。

会 期:2019年2月6日(水)~3月31日(日)※会期中展示替えあり
開館時間:10:00~18:00
     ※金・土および2月10日(日)、3月20日(水)は20:00まで開館
     ※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日:火曜日(ただし3月26日は18:00まで開館)

主 催:サントリー美術館、河鍋暁斎記念美術館、朝日新聞社
協 賛:三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス
協 力:日本航空

入館料
一般 1,300円、大学・高校生 1,000円、中学生以下無料
 ※20名以上の団体は100円割引
 
  
■関連イベント■  ※別途要入館料(一般 1,300円 大学・高校生 1,000円)
フレンドリートーク 

毎週土曜日(2月9日・16日・23日、3月2日・9日・16日・23日・30日)
 11:00~、13:00~、15:00~(各回 約20分)
 エデュケーション・プログラムのスタッフによる、
 こどもから大人まで楽しめる初心者向けスライドレクチャー。

 定 員:各回30名
 会 場:サントリー美術館 1階レクチャールーム
 ※開場30分前。席に限りがございます。お早めにご来場ください。
 ※混雑時はお立ち見になる可能性がございます。
 
 
■見どころトーク 2月17日(日)、3月17日(日) 11:00~、14:00~(各回 約30分)
 学芸員が展覧会の見どころを紹介するスライドレクチャー。

 定 員:各回80名
 会 場:サントリー美術館 6階ホール
 ※開場30分前。席に限りがございます。お早めにご来場ください。
 ※混雑時はお立ち見になる可能性がございます。
 
 
■体験型ミニレクチャー「はじめてひらく 美のとびら」シリーズ:掛軸の巻
2月10日(日)22日(金)、3月3日(日)10日(日)24日(日) 11:00~、13:00~、15:00~(各回 約30分)
 日本美術の1ジャンルを題材に、簡単な体験を交えながら楽しく学ぶ
 初心者向けレクチャー。こどもから大人まで・初心者大歓迎!
 今回は掛軸についての基礎知識をご紹介します。

 定 員:各回40名
 会 場:サントリー美術館 6階ホール
 ※当日先着順で整理券配布。3階受付にてお申し込みください。
 
 
■学芸員によるギャラリートーク 2月22日(金) 18:30~(約60分)

 定 員:30名(先着順、当日17:00より整理券配布開始)
 会 場:サントリー美術館 展示室
 ※展示解説には、ガイドシステムを使用します。
 ※当日先着順、17:00より3階受付にて整理券配布開始。
 ※展示室の混雑状況により、一部スライドトークに変更する場合があります。

サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階