PAGETOP

分離派建築会100年展 建築は芸術か?

2020年10月10日 〜 2020年12月15日

パナソニック汐留美術館 

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開しました。

結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていきます。

※会期中、一部展示替えします。前期10月10日~11月10日、後期11月12日~12月15日。11月12日以降に再入場の際は、前期半券ご提示で100円割引となります。

展覧会会期 2020年10月10日(土)~12月15日(火)
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)

【お知らせ】
当館では新型コロナウイルス感染症防止策として、展示室内のお客様人数を制限させていただきます。
制限人数に達しましたら、以降整理券を発行し入館時間を指定させていただきます。 
なお万が一、当日の整理券をすべて発行した場合はご入館いただけない場合もありますのでご了承願います。

休館日 水曜日
 
主 催 パナソニック汐留美術館、朝日新聞社
後 援 一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、一般社団法人DOCOMOMOJapan、建築史学会、港区教育委員会
協 賛 株式会社 アール・アイ・エー、株式会社 石本建築事務所、株式会社山田綜合設計
協 力 一般財団法人デジタル文化財創出機構
学術協力 分離派100年研究会
会場構成 木村松本建築設計事務所

入館料
一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
 
 
■関連イベント■
オンラインギャラリートーク「展覧会のツボ」動画配信

10月22日(木)12:30~、10月25日(日)14:00~、10月27日(火)19:00~
パナソニック汐留美術館学芸員による作品解説を動画配信します。

 10月22日(木) 昼12時30分~  https://youtu.be/FkZVbzZ-bhI

 10月25日(日) 午後2時~  https://youtu.be/Q25lbPVcIzg

 10月27日(火) 午後7時~  https://youtu.be/MAhoKGfi6W8

  *事前収録した内容を配信いたします。3日間、同じ内容です。
  *録画、録音、撮影禁止です。
 
 
 
パナソニック汐留美術館の「新型コロナウイルス感染症防止策についてのお知らせ」ページをご覧の上、来場ください。

◆チケットプレゼント◆

「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

    お名前
    ご住所 郵便番号(例:530-0047)

    住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

    マンション名・ビル名
    メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

    メッセージ
    画像認証 captcha

    パナソニック汐留美術館 
    〒105-8301 
    東京都港区東新橋1-5-1 
    パナソニック東京汐留ビル4階