PAGETOP

香りの器 高砂コレクション 展

2021年1月9日 〜 2021年3月21日

パナソニック汐留美術館 

所在地:東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階

ご来館の際はパナソニック汐留美術館ホームページをご確認ください。

 
 
古代オリエントの香油壺にはじまり、近代ヨーロッパの生活を華やかに彩った陶磁器やガラスで作られた様々な香水瓶など異国の香りの器。あるいは香道の道具類にみられる贅を極めた漆工芸品、また陶磁器、金工品による香炉や香合といった我が国の伝統的な香りの器。本展では、高砂香料工業株式会社が長年にわたり収集してきたこれらの香りにかかわる質の高いコレクションから、およそ240点を選りすぐり展観いたします。香りとその器の歴史は人類の誕生とともに始まったとも言われます。古今東西の香りに関する工芸作品を鑑賞することは、奥深い香りの歴史と文化に触れることに他なりません。加えて、東京会場である当館の展示では、国内の美術館からの特別追加作品を迎えて、香りを想起させる貴婦人の肖像画や、アール・デコ時代を象徴するような作品をご紹介します。香りの器が、同時代の絵画やデザインと深く関連付くものであることも実感いただけるでしょう。
 
 
会  期:2021年1月9日(土)~3月21日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
     ※3月5日(金)は夜間開館 ~20:00
休 館 日:水曜日

主  催:パナソニック汐留美術館、東京新聞
後  援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
特別協力:高砂香料工業株式会社
企画協力:岡村印刷工業株式会社、株式会社求龍堂、株式会社アートワン

入館料
一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円、中・高校生:500円、小学生以下:無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
ホームページ割引引き換え券はこちら

■関連イベント
オンラインギャラリートーク「展覧会のツボ」動画配信
各日約30分間、「香りの器 高砂コレクション 展」監修で東京ステーションギャラリー館長の冨田章先生と高砂コレクションの鈴木隆先生をゲストにお招きし、パナソニック汐留美術館学芸員とともに展覧会の見どころのご紹介や作品解説を行います。

1月21日(木)12:30~  https://youtu.be/mo1BtN5s1Co
1月24日(日)15:00~  https://youtu.be/P2xUp1M-_oc
1月26日(火)19:00~  https://youtu.be/1_ZkMtwGUHI

事前収録した内容を配信いたします。3日間、同じ内容です。
録画、録音、撮影禁止です。

◆チケットプレゼント 終了◆

「香りの器 高砂コレクション 展」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

パナソニック汐留美術館
東京都港区東新橋1-5-1
パナソニック東京汐留ビル4F