PAGETOP

開館25周年記念 夢をめぐるー絵画の名品より

2021年3月20日 〜 2021年7月4日

アサヒビール大山崎山荘美術館

所在地:京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3

アサヒビール大山崎山荘美術館は、1996年4月に開館し、今年で25周年を迎えます。これを記念し「開館25周年記念 夢をめぐる-絵画の名品より」を開催いたします 。
「開館25周年記念 夢をめぐる-絵画の名品より」展では、作品をとりまく「夢」に焦点をあて、アサヒビール大山崎山荘美術館蔵品を厳選し公開します。
19世紀後半から20世紀はじめのパリでは、夢を抱いた芸術家が集い、多彩な文化が次々に花開きます。絵画においては、クロード・モネが、光に着目して明るい画面に都市生活を描写しました。パブロ・ピカソは、《 肘をつく女 》 といった「青の時代」の絵画にはじまり、めまぐるしく様式を変化させ、アメデオ・モディリアーニは、対象の奥にひそむ精神性を表出しようと、《 少女の肖像 》 のように デフォルメされた身体を特徴とする肖像画に到達しました。独自の表現を追いもとめた彼らの夢の精華が、のこされた数々の傑作にあらわれているといえます。のちにモネは、パリ近郊のジヴェルニーに居を定め、自身の理想を凝縮させた庭園をつくりあげました。今回はこの夢の庭を題材にした、連作《 睡蓮 》をふくむモネの代表作をご覧いただきます。また、本展では、かつて白い宝石とよばれ珍重された東洋磁器を夢みて、試行錯誤の末に誕生した 17~18世紀のデルフト陶器などもあわせてご紹介いたします。名品にかくれた、あこがれ、希望、志などの背景をさぐりながら、さまざまな夢をめぐります。
そして、本展の主要作品であるクロード・モネ《 睡蓮 》に関連して、記念講演会を開催いたします。講師に作家マルセル・プルースト研究の第一人者であり、長編小説 『 失われた時を求めての翻訳(岩波文庫、全 14 巻)を近年完成された仏文学者吉川一義氏(京都大学名誉教授)をお招きし、「モネの 《 睡蓮 》 と プルースト」と題し、同時代に生きた二人の 《 睡蓮 》 にまつわるお話をしていただきます。また、京都市立芸術大学音楽学部の学生によるピアノコンサート「印象派の音色」や、喫茶室でのリーガロイヤルホテル京都による本展特製オリジナルスイーツの提供など、開館25周年を彩るさまざまなイベントを計画しております。
2021年、アサヒビール大山崎山荘美術館は、未来へ向けた第一歩を踏みだします。節目となる本年の幕開けを飾る展覧会をどうぞご覧ください。
   
  
会  期:2021年3月20日(土・祝)~7月4日(日)
休 館 日:月曜日 (ただし5月3日は開館)
開館時間:10 00~17 00 (最終入館 16:30)

主  催: アサヒビール大山崎山荘美術館
後  援:京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、読売新聞京都総局、朝日新聞京都総局、
     毎日新聞京都支局、産経新聞社京都総局、エフエム京都

入館料
一般 900 円(800円)、高大生 500 円(400円)、中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方300円

 ※( )内は20名様以上の団体
 
  
  
■会期中のイベント
 
ピアノコンサート 「印象派の音色」 5月29日(土)・30日(日) 各日とも【1】11:30 【2】14:30(各回約25分)*事前申込不要
 京都市立芸術大学音楽学部の学生によるピアノコンサートドビュッシーをはじめ、印象派音楽家の曲を演奏します。

  会 場:アサヒビール大山崎山荘美術館本館
  参加費:無料、ただし美術館入館料は別途必要
  協 力:京都市立芸術大学キャリアデザインセンター

◆チケットプレゼント 終了◆

「開館25周年記念 夢をめぐるー絵画の名品より」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618 0071
京都府乙訓郡大山崎町5-3
 
●交通●JR山崎駅または阪急大山崎駅より徒歩約10分