PAGETOP

渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画―

2021年3月27日 〜 2021年5月23日

東京藝術大学大学美術館

所在地:東京都台東区上野公園12-8

明治から大正にかけて活躍した渡辺省亭(せいてい)の全貌を明らかにするはじめての展覧会です。省亭は明治11(1878)年の万博を機にパリに渡り、ドガをはじめ印象派の画家たちと交流した経験を持ちます。
繊細で洒脱な花鳥画は、その後、万博への出品やロンドンでの個展などにより、海外で高い評価を得ます。一方、国内では、迎賓館赤坂離宮の七宝額原画を描くなど、その実力は認められながらも、明治30年代以降は次第に中央画壇から離れて市井の画家であることを貫いたため、展覧会で紹介されることが少なくなりました。
この展覧会は、近年再評価され、注目される省亭の海外からの里帰り作品を含め、これまで知られていなかった個人コレクションを中心に、全画業を紹介する待望の企画です。
 
 
渡辺省亭
嘉永4年12月(1852年1月)江戸神田佐久間町に生まれる。16歳で歴史画家・菊池容斎に入門。明治8年(1875)起立工商会社に入社し、輸出用工芸図案を担当。明治11年(1878)のパリ万博への出品を機に、日本画家として初めて渡仏。帰国後、内外の博覧会や展覧会に花鳥画を中心に積極的に出品。明治20年代には伝統と洋風を融合した自己様式を確立。明治30年代以降、美術展覧会、美術団体と距離をおき、弟子も取らず市井の画家として活動。大正7年(1918)に68歳※で亡くなるまで、注文に応じて制作を行った。※数え歳

会期:2021年3月27日(土)~ 5月23日(日)
   ※会期中展示替えがあります。
休館日:月曜日(ただし5月3日は開館)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
     
主催:東京藝術大学、東京新聞、NHK、NHKプロモーション
協賛:DNP大日本印刷、ロート製薬
 
観覧料
一般  1,700円 高校・大学生1,200円
 ※中学生以下無料。
 ※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください) 
 ※入館の際、マスクの着用、アルコール消毒、検温のご協力をお願い致します。
 ※本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。最新の情報はホームページでご確認ください。
 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止への主催者の取り組み、お客様へのお願い等を記載いたしますので、ホームページを必ずご確認のうえ、ご来場ください。
 
 
■巡回
岡崎市美術博物館
 2021年5月29日(土)~ 7月11日(日)
佐野美術館   
 2021年7月17日(土)~ 8月29日(日)

◆チケットプレゼント◆

「渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画―」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

    お名前
    ご住所 郵便番号(例:530-0047)

    住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

    マンション名・ビル名
    メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

    メッセージ
    画像認証 captcha

    東京芸術大学大学美術館
    〒110-8714
    東京都台東区上野公園12-8