PAGETOP

ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―

2019年4月6日 〜 2019年6月23日

パナソニック 汐留美術館

象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826~1898)は、神話や聖書をテーマにした作品で知られています。産業の発展とともに、現実主義的、物質主義的な潮流にあった19世紀後半のフランスにおいて彼は、幻想的な内面世界を描くことで、真実を見いだそうとしました。本展は、そのようなモローが描いた女性像に焦点をあてた展覧会です。出品作品は、パリのギュスターヴ・モロー美術館が所蔵する、洗礼者ヨハネの首の幻影を見るサロメを描いた名作《出現》や、貞節の象徴とされた幻獣を描いた《一角獣》を含む油彩・水彩・素描など約70点によって構成されます。神話や聖書に登場する、男性を死へと導くファム・ファタル(宿命の女)としての女性、誘惑され破滅へと導かれる危うい存在としての女性、そしてモローが実生活において愛した母や恋人。展覧会では、彼女たちそれぞれの物語やモローとの関係を紐解いていき、新たな切り口でモロー芸術の創造の原点に迫ります。

開館期間:2019年4月6日(土)~6月23日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
     ※5月10日(金)と6月7日(金)は20:00まで
    (入館は19:30まで)
休 館 日:水曜日(但し5月1日、6月5日、12日、19日は開館)

主 催:パナソニック 汐留美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
後 援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
協 賛:光村印刷
協 力:日本航空
特別協力:ギュスターヴ・モロー美術館

入館料
一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円
中・高校生:500円 小学生以下無料 
 *20名以上の団体は100円割引。
 *障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
 *5月18日(土)国際博物館の日はすべての方が入館無料です。
 
 
■イベント・対談■
講演会「ギュスターヴ・モローのサロメ」4月20日(土) 14:00~15:30(開場13:30)

 講 師:喜多崎親氏(成城大学教授)
 定 員:200名(要予約)
 聴講費:無料(ただし本展の観覧券(半券)が必要です)
 会 場:パナソニック東京汐留ビル 5階ホール

     *自由席になります。
     *未就学児はご遠慮ください。
 
 
山田五郎さんアートトーク 5月24日(金) 14:00~15:00(開場13:30)

 講 師:山田五郎氏(評論家)
 定 員:250名(要予約)
 聴講費:無料(ただし本展の観覧券(半券)が必要です)
 会 場:パナソニック東京汐留ビル 5階ホール

     *自由席になります。
     *未就学児はご遠慮ください。

 【講演会・アートトークへのお申し込み方法】
 ハローダイヤル(03-5777-8600)でお申し込みください。

①イベント名 ②参加人数(一度にお申し込み頂ける人数は2名まで)
③氏名(要全参加希望者名) ④住所 ⑤電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。

・お申し込みの受付時間 午前8時~午後10時
・お申し込みの受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・お申し込み時にお知らせする整理番号が当日受付時に必要になります。
※お申し込み時に頂いた個人情報は、本イベントの受講管理の目的でのみ使用致します。
なお、お預かりした個人情報は、上述の目的での使用に同意頂いたものとさせていただきます。
※定員に達しなかった場合、当日受付をする場合がございます。

【チケットについて】
講演会とアートトークは無料ですが、本展の観覧券(半券)が必要となります。小学生は無料。お持ちでない方は受付前にご購入ください。

※ぐるっとパスをお持ちの方は観覧券(半券)への交換が必要となりますので、お申し出ください。
※障がい者手帳をお持ちの方は受付にてご提示ください。
 
 
パナソニック 汐留美術館 学芸員によるギャラリートーク
4月12日(金)、4月27日(土)、5月11日(土)、 5月17日(金) 各日14:00~
 展覧会場内で開催、予約不要、参加無料(ただし本展の観覧券が必要です)

◆チケットプレゼント 終了◆

「ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:パナソニック 汐留美術館

パナソニック 汐留ミュージアム
〒105-8301 
東京都港区東新橋1-5-1 
パナソニック 東京汐留ビル4階