INFORMATION

Talk-54 Reference for Talk-3 and Talk-59

更新日:


Petal 2017 75×53×5㎝  oil on canvas
 
 
I’d much rather be talking casually. So, don’t take things such as oracles, prophecies, and others too seriously. They are nothing more than usual stories that we all have. You also might have paid 30 bucks at a fortune teller’s as I paid 300 at a psychic’s for those stuff in 1984. This is it. Or you also might have played Ouija board with your friends and successfully conversed with spirits as I succeeded in Kokkuri-san (Japanese counterpart). Sorry, I started but I can’t talk about this anymore. I’m scared. I was warned not to play Kokkuri-san by the spirit which I conversed with on the self‐made paper chart that night. It was in my room of the dormitory of Tama Art College in 1973. I will be telling the details of this amazing story some day when I get well prepared for it. Anyway, I should drop talking on this subject now, and you never play at channeling lightheartedly. It’s dangerous. I’m not a man who is particularly interested in these kinds of things, but so long as I keep on writing Gallery Talk, I can’t help referring to them, as they are deeply related with my art work, life and・・・the future of human kind, I believe.

I am preparing Talk-4 as a glossary for special terms, names, events, which I may repeatedly mention in Talks. Please consult Talk-4 when you get lost, as I won’t make notice every time.

They say, I’m quite a poor talker, ignorant and naive, clumsy and reticent, I know. But in art, the eloquence of Genuine Truth is mine with the help of holy spirits’ oracles. Kyonin-sama told me,
「夢はるか神と仏が共に居て描き清める画法を遂げなん」in 1984. “You create the technique in your art work, which pardons the world.” And Mary told me,「絵で実現しなさい」 in 1983. “Realize it in your art work.” ・・・“It” means the idea that I was tightly holding in my soul then, which would be later titled DESSINER考, that is Tableau Resurrection Theory based on the miracle of Aurora-spirituelle・・・namely Prophecy (Talk-3).

 
■私のGallery Talkには“預言”であるとか“ご神託”であるとかうさん臭い話が頻繁に出てきますが、過剰反応は禁物ですよ。誰しもおみくじを引いたり手相を見てもらったりしたことがあると思いますが、要するにそこに書かれてあった事や告げられた事を、私が勝手にやれ預言だ、やれご神託だ、などとそれらしく演出しながらトークに引用しているだけの話です。誤解があってはなりません。一部先の英文でも触れておりますが、加えて事の詳細を補足致します。私の場合は1984年に守護神、守護霊、そして過去世を宗教家であり優れた霊能者であったH氏に見ていただきました。3万円ほどお払いしたかと思います。さすがに一般的な手相3000円コースでは聞けない話がいっぱいありました。また、“マリア様のご神託”は美大時代の後輩で美術家であると同時に優れた宗教家でもあったY君を通して1983年に授かったもので、全てY君が聞いて語り、私がそれを書き留めました。ただそれだけの事に過ぎません。巷に全くあり得ない話ではない。すべて『作品集2015』にある通りです。
 
誰しも日常生活の中でごく普通に経験していることを語っています(Talk-59の6)。早い話が、今日もまた私は新たな一日を生きている・・・この当たり前が不思議でならない。確かにあったあの昨日はどこに行った?去年は?10年前は? そしてもう早、今あったはずの世界が自分自身を含めて過去の幻影となっている。これは奇跡だ、奇跡に違いないといつも独りで騒いでいるのです。サイキックやチャネリングの不思議を待つまでもない。日常がすでに時の奇跡。そして今、この奇跡は位相を変えながら同心円状の異次元に広がって行きます(Talk-59の14)。“つい今しがたの40年前”、迫りくる人類史の終焉に際し私が油絵に殉死を覚悟した現代美術の行に身を投じた時のこと(Talk-59の8)、絶望の闇夜の中で私は一人、それでも必ずや夜は明けるのだと信じて疑わなかった。描くことが再び芸術として蘇るはずだと、いやそうあらねばならないと…中略…そしたらどうだ、本当に再び夜明けを迎えたではないか、神仏が道を指し示して来られたではないかと“半時経った40年後の今”、こうして一人で興奮しながら“たった今の昨年に”、Gallery Talkを綴り始めたのです。これ即ちDESSINER考—霊的曙光の奇跡に基づく絵画表現の芸術的蘇生!!!・・・覚えています。40年前、私の全身全霊に鳴り響いたものは<今>のこの絶叫でした。 “In exact reality, I say, the truth is that I was enlightened with the idea of DESSINER考 in 1978, and Mary approved it saying 「・・・あなたはかつても求めてきた より高く実現してくださいよ・・・」 in the oracle in 1983 .”(Talk-3) これを“預言”と呼び、“ご神託”と申し上げたのです。

© 2019 EDEL CO.,LTD. All Rights Reserved.