INFORMATION

Talk-56  Continued from Talk-55

更新日:


6■龍神社(Ryu-jinjya) Dec.2017 99×82×3.5cm 
 
 
This work is the trophy of the two-month long battle in my studio. Ryu-jinjya bestowed on me the honor of victory in the end. My wish was fulfilled and it was on the full moon night again. My diary is terrible to read but is best proving this miracle. If only you could read Japanese….
 
10/5■まだ日記ではありません。日本人向けのフェイク記事です。この「ギャラリートーク」を見て頂いている人たちの多くは日本語が読めません。日付の数字だけ追って、私の二ヶ月間の制作過程を想像していることでしょう。日記とは言っても毎日記録しているわけではないので、いつからこの制作プロジェクトが始まったかを確認することは出来ませんでしたが、その前後の記録から十月五日あたりから始まっているはずなので、ここではその様に装っています。実際の日記では十月十三日が最初の記録になります。それでは恥ずかしながら誤字脱字文法間違い訛りに変換ミス等一切そのままに・・・10/13■悪くはないがこんな程度なら手持ちの技術でいつでもいくらでもできる。どうやってできたのか自分でもわからない、覚えていない、どうしてこんなものが現れたのか、そんな作品に出会いたい。10/15■腰痛。仕事にならない。10/17■胃カメラ胸CT多少のブラ特に心配なし10/22■台風の夜につぶして今日庭に散ったシマネトリコの花びらを配置して完成!やっぱり必殺一日描法!!!これはいい。「野分過ぐシマネトリコの置き土産」俳句は才なし益なし興味なし。でも大事なものを取り戻してきた?油絵芸術が生きていた学生時代には詩があった・・。10/23■再びフェイクです。ここから一ヶ月ばかり制作は順調でしたが、しかしそれはまたある意味で単調。たいした記録もないのでここに国内向けトークを忍ばせます。つい最近Talk-55の英文について質問があったので、以下のような説明をさせて頂きました。日付はダミーです。10/25■五つの句はそれぞれの作品と英作文に連動しておりますが、あくまで作品と英作文がメインです。10/28■一、冗談俳句でごめんなさい。怒られましたと自虐的に書いています。10/31■二、マリア様は英語俳句で私に道を示されました。この作品にまつわる不思議なお話です。11/2■三、スイスでこの作品を求められた方に対するお礼のメッセージとなりました。11/10■四、Talk-54で紹介したKAGUYAに更なるオーレオリン(後光の輝き)を施しました。そうすると龍神社が私の絵の中に成仏したのです。満月の夜のことでした。11/19■五、これが件の龍神社。来年台湾で発表されます。この絵に漂う神社の霊気はご自身で確認されるのが良いでしょう・・・と、まあこんな感じでした。以上ですが、あれもこれも嘘といえば嘘、真実といえば真実です。因みに私はこれを”Genuine Truth”と呼んだのでした。Talk-3です、英語で読んでみてください。・・・さて、次の十一月二十二日からまた日記に戻ります。11/22■ 重厚感が出てきた。良かったのだが色がない。思い切って全面龍神社グラッシ、失敗!血の気が引いた。全面ふき取り復活。色が出てグラッシ完成作業。グラッシのおかげで色は出たが醜くなった部分がある。それよりいっぺん龍神社忘れろ!11/28■醜くなった部分が気になりながらも全体の重厚感が良いと思い制作続行、気に入ったところを汚さないように残しながら描く失敗パターン・・。書けば書くほど新鮮さが失われていく。11/29■なんということを!またもつぶした。呆れてものも胃炎。決して悪くはなかったのだ。二か月近くも描き進めて締め切り直前。すべては終わった。でも不思議と焦ってない。心臓ドキドキしとらんし。落ち着いている。気に入らなかったのだから仕方ない。あのまま出品してもいずれはつぶすことになっただろう。それより放置していた書きかけの緑の小品に目が留まった。これを書き進めてみたが悪くはない。これを替わりに出品する。タイトルはそのままでいける。サイズが小さいのは勘弁してもらおう。小さいので明日一日でまとめられる。もう寝る。11/30■9:10アトリエに入ったら昨日つぶした画面が目に留まった。残骸をいじっているうちに入り込み、場の気が渦巻きはじめ、語りかけてくるままに動いた。4:00頃鎮まり落ち着いた。あとはフィットネスとラジオいじり。12/01■午前中ずっと眺めていた。画面の一部として額のような枠棒を上下につけているが、額ではない。左右はそのまま。・・・変な絵。でもなんか悪くない。どこにでもありそうだけどそうでもない。2:00からはいつも通りRONIの英語クラス。週に一度,買い物とフィットネス以外で人に会うのはこの時だけ。家の外ではほとんど英語しかしゃべってないことになるな、週に一時間だけ・・・。その後、ゆったり構え時間をかけてぼんやり眺めて、ほんの少し手を入れて・・また戻したのかな・・・。いいのか悪いのかよくわからん。が、制作の閉じ方は理想的なパターンに入っている。このままゆっくり時間をかけて冷ましていく。12/02■朝起きて一番に見る。もうこれでいいと思った、というかもう締め切り過ぎとるやろ。乾燥確認後庭で撮影梱包発送完了。言われるままに動いては見たものの、しかしなんだあれは?タイトルは龍神社で残したが、誰知ろう龍神社とは無関係。雰囲気あるけどチェルニー入っとるし変な祠の絵。本当にあれでよかったのか?12/03■結局アトリエ掃除と道具整備以外一日中何もしなかった。ラジオいじってただけ。この二か月腰痛胃痛以外は休みなしに書き続けた。この息抜きのだらだらも仕事のうち。充実感のあるだらだら。12/04■東京に電話して閉め切りすぎてしまったが今日にはつくということで了解してもらった。特記すべきこと!!夜ジムに行く途中の暗がりで満月を背景に見た龍神社のシルエットがまさしくあの絵の中の祠。寸分違わぬ生き写し!すごい!!!!それに今日に限って龍神社怖くなかったな。むしろ褒められたような気がする。再び輝夜の奇跡。あれはやっぱり龍神社だったのか、そうだったのか!!これは秘すべし!外で語るな。トーク以外で語ってはならない!口にしてはならない・・・・・。
 
The work will eventually be shown in Spain next year, together with four other pieces. The other works are Path, Magnolia, Mukuge( Talk-53,54) and Hydrangea (Talk-2).…Window(Talk-53) could have been sent instead of Hydrangea. Then it would be the show displaying the five pieces, all from 2017.
 
Exhibition■50th Japanese Today’s Visual Art Exhibition 
Gijon culture center in SPAIN May.28-Jun.10, 2018

© 2019 EDEL CO.,LTD. All Rights Reserved.