INFORMATION

木下勇作 書籍案内 『ドキュメント・インド発見』

更新日:

聖なる河、輪廻転生、永遠の時間・・・
それはどこかで見たような懐かしい安らぎの光景だった

「たとえ使命が果たせないまま命が終わっても、次の世に生まれ、その使命を引き継ぎ、それが達成されるまで生まれ変わっていく」と言った青年。目の前で死者が焼かれ、遺骨の灰がガンジスに流されるのを見ても少しも動揺しない老人。彼らは流された死者や自らの来世への転生を信じているのだ。

書籍購入はコチラ→『ドキュメント・インド発見』

© 2021 EDEL CO.,LTD. All Rights Reserved.