PAGETOP

Sekkou Hamauzu Gallery

濵渦 雪香 アートギャラリー

PROFILE

雪香略経歴

恵筆会主宰。 日本書塾会常任理事。

1986年 日・ポ国際親善美術展3位・作品在ポ日本大使館収蔵。
1991年 日本墨芸書会常務理事・審査員。
1998年 個展(1) 社中展(3)(心斎橋ギャラリー)
2002年 個展(2)(銀座ギャラリーユニグラバス)
2003年3月 個展(3)・社中展(4)(ハ尾プリズムホール)
    6月 個展(4)(伊那市立図書館ホール・長野県)。作品集「雪香の世界」発刊。
2004年4月 国際芸術交流神戸2004審査委員賞 CAKX2004(出品西安市招聘「命」)。
   11月 ジャパンエキスポ2004出展(ロサンゼルス)
2006年1月 個展(5)・社中展(5)(二人羽織・書と華展 八尾プリズムホール)。
    6月 国際美術交流展神戸2006・神戸新聞社賞(「羲と愛」掛軸)。
2007年9月 個展(6)(9/28~30)ギャラリーメグロ
   10月 アートシンガポール2007 アジアアートフェアに出展
   11月 バルボンヌアートフェア2007 出展
2008年6月 テグアートフェア出展(韓国)
    9月 Art Singapore 出展
2009年8月 個展⑦(二人羽織、書と華「好風」西武プラチナルーム)、社中展⑥
    9月 台北アートフェア出展
2010年8月 ART TAIPEI 2010 出展
   10月 個展⑧(二人羽織、書と華 秋の燕遊会「天帝」いずみ苑)
2011年9月 個展⑨(二人羽織、書と華 京遊 NHK京都放送局)
      個展⑩(上海)
2012年7月 AN MUSEUM 2012(銀座 文藝春秋画廊)
2013年5月 World Stamp Exhibition Australia 2013
    6月 個展⑪(二人羽織、書と華「大和魂」ギャラリーアットザハイアット)
    7月 個展⑫(二人羽織、書と華「四神」ギャラリー・レクサス泉北)
2015年6月 現代日本アーティスト展「大和心」(西山美術館)
    7月 個展⑬(二人羽織 書と華「大和魂・大和心」)ブルボンスタジオ
      社中展⑦「書を愉しむ」ブルボンスタジオ
2017年3月 第28回光輪会書展・悠遊会
    6月 第6回Art Selection 50の視点 リーガロイヤルギャラリー
      亜細亜女流芸術大賞

INFORMATION

インフォメーションはありません

INQUIRY

濵渦 雪香へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

    ご住所
    address
    郵便番号(例:530-0047)

    住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

    マンション名・ビル名

    会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

    部署名
    お名前
    name
    Last name(Required)

    First name(Required)
    フリガナ セイ

    メイ
    ご連絡先
    tel
    電話番号(例:06-6131-2155)

    FAX番号
    メールアドレス
    e-mail
    PCメールアドレスをご入力ください (Required)

    お問い合わせ内容
    message
    画像認証
    captcha
    captcha

    ※Please type in the word that appear in this image

     

     

    【携帯メールをご利用の注意点】
    ・迷惑メール防止対策のためドメイン指定を行っている場合は、「@nihonbijutsu-club.com」を指定して下さい。
    ・指定受信の設定にしている場合には、設定を解除して下さい。

    作品名
    解 説 美しき華の下には多くの葉がある。
    倒れないように土まみれも厭わず懸命に支えている根がある
    花は彼らの労苦に応えんと更に気高く美しく咲く
    そしてその芳香で彼らを癒し優しく包み平安を与える
    二〇〇五夏日 タイ・バンコックを行く

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 共生
    解 説 庭の枇杷食べ頃雀に教えられ

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 余裕の美
    解 説 七・五・三に学ぶ
    日本の紐文化 帯
    羽織・袴の紐を繰り乍らつくづく思う日本人の心根愛おし

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名
    解 説 神の賜いし癒しの空間

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 羲と愛
    解 説 すべての事は犠牲という愛の上に成り立っている

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 紅葉
    解 説 神はそれぞれの葉を美しく彩り
    老い逝く道を祝し給えり

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 果と種
    解 説 今日は過去の果 未来の種

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 最上のわざ
    解 説 H・ホイヴェルス 詩
    楽しい心で年をとり
    働きたいけれども休み
    しゃべりたいけれども黙り
    失望しそうな時に希望し
    従順に平静に
    己の十字架を担う
    若者が元気一杯で神の道を
    歩むのを見ても妬まず
    人の為に働くよりも謙虚に
    人の世話になり
    弱ってもはや人の為に役立たずとも
    親切で柔和であること
    老いの重荷は神の賜物
    古びた心に
    これで最後の磨きをかける
    真の故郷に行く為に
    己をこの世につなぐ鎖を
    少しづつはずしていくのは
    真にえらい仕事
    こうして何も出来なく
    なればそれを謙遜に承諾するのだ
    神は最後に一番良い仕事を残して下さる
    それは祈りだ
    手は何もできない
    けれども最後まで合掌できる
    愛する全ての人の上に
    神の恵みを求める為に
    すべてを為し終えたら
    臨終の床に神の声を聞くだろう
    「来よ わが友よ われ汝を見捨てじ」と

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 感謝
    解 説 自己犠牲を厭わないあなたの愛に支えられています

    《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》
    作品名 和美
    解 説 《2006年(H18)1月プリズムホールにて展示》