PAGETOP

全国の美術館

全国の美術館ご紹介しています。
このページへの掲載をご希望の方は、登録ボタンからエントリーできます。

全国の美術館への登録

条件を絞り込む

全国の美術館  185

  • 美ヶ原高原美術館THE UTSUKUSHI-GA-HA-RA OPEN-AIR-MUSEUM

    標高2000mの高原にある野外彫刻美術館。
    4万坪の展示場に国内外のアーティストによる現代彫刻350点あまりを展示したスケールの大きな美術館。

    所在地:長野県上田市武石上本入美ヶ原高原

    URL:http://www.utsukushi-oam.jp

    TEL:0268-86-2331

    FAX:0268-86-2217

    OPEN:開館期間:4月25日〜11月15日(予定)
    ※開館期間中無休
    開館時間:9:00〜17:00(入館受付16:30)

    冬季休館:11月16日〜4月24日(予定)

  • 高岡市美術館

     市民の幅広いニーズに応える創造性に満ちた、ひらかれた美術館として1994年秋にオープンしました。
     魅力にあふれた企画展示や金属工芸、造形を中核とした常設展示など積極的に展開し、市民の幅広いニーズに応える創造性に満ちた美術館をめざしています。
     独創的な外観や雪吊りをモチーフとした「光と水の塔」などハイセンで魅力溢れる美術館です。

    所在地:富山県高岡市中川1-1-30

    URL:http://www.e-tam.info/

    TEL:0766-20-1177

    FAX:0766-20-1178

    OPEN:開 館:午前9時半〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
    休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
        年末年始(12月28日〜1月4日)

  • JICA横浜 海外移住資料館

     当資料館では、日本から海外へ移住した日本人移住者の歴史・生活・体験や、世界各地に存在する日系社会の現在の様子などを展示しています。たくさんの日本人が海を渡って旅立っていったここ横浜で、日本人の海外移住および世界の日系社会の歴史を未来に伝えています。また、海外移住の歴史を知るだけでなく、国内で働く日系人とその子弟についてや、多文化共生社会について考えるきっかけとしていただければと願っています。
     常設展示の他に、年間を通して特別展示や公開講座、公開シンポジウムなどを開催しているほか、修学旅行や校外学習等で来館する子どもたちのために、学年や先生方のご要望に応じた各種学習プログラムをご提案しています。
     当館は赤レンガ・パークの向かいに位置し、3階のカフェテリアからはベイブリッジや大桟橋に停泊する客船など、素晴らしい景色を楽しむことも出来ます。ここ横浜の港から、多くの人々が海を渡って行ったことに思いを馳せながら、横浜の歴史を振り返っていただければと思います。

    所在地:神奈川県神奈川県横浜市中区新港2-3-1

    URL:http://www.jomm.jp/

    TEL:045-663-3257

    OPEN:火曜日〜日曜日 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
    休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)および年末年始
    (12/29〜1/3)

  • 長島美術館

     当美術館は平成元年10月、鹿児島市制施行100周年に合わせて開館致しました。錦江湾にそびえ立つ雄大な桜島や鹿児島市街地を一望できる海抜110mの高台に位置し、亜熱帯樹に包まれた自然景観の中にあります。

     収蔵美術品は、長島企業グループ創立者長島公佑が永年にわたり蒐集したもので、黒田清輝などの地元作家の絵画・彫刻をはじめ、ロダン、シャガールといった海外作家の絵画・彫刻、新大陸先史美術品、薩摩焼など、約1000点にわたります。
     本館2階には眺望抜群の喫茶室が併設されています。楽しいひとときをお過ごし下さい。

    所在地:鹿児島市武3-42-18

    URL:http://www.ngp.jp/nagashima-museum/

    TEL:099-250-5400

    FAX:099-250-5478

    OPEN:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
    ※元日は開館・閉館時間が変更になる場合がございます。

    火曜日休館(祝日の際は翌平日)

  • 十和田市現代美術館Towada Art Center

    Arts Towadaでは、十和田市現代美術館や官庁街通り沿いを対象に、「都市、自然そしてアートの共生」と「アートを通した経験」をコンセプトに掲げ、多様な表現をもつアート作品を5ヶ年かけて段階的に設置していきます。 十和田市現代美術館には、国内外で活躍する21人のアーティストが、都市や自然、そこに生きる人々との対話の中から生み出した22のアート作品が展示されます。
     また作品はこの美術館のために制作されるため、建築の設計段階から作品と空間が深く結びついています。作品は展示室だけでなく、中庭や屋上、階段室など、屋内外のあらゆる空間に展開し、来訪者に新たなアート体験をもたらします。

    所在地:青森県十和田市西二番町10-9

    URL:http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/

    TEL:0176-20-1127

    FAX:0176-20-1138

    OPEN:開館時間:展示スペース 午前9時〜午後5時(入館午後4時30分まで)
    休憩スペース 午前9時〜午後5時30分(カフェラストオーダー午後5時)

  • 大阪市立自然史博物館

    この博物館は人間をとりまく「自然」について、その成り立ちやしくみ、その変遷や歴史を、展示や普及活動、研究を通して広く知っていただく施設です。

    所在地:大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23

    URL:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

    TEL:06-6697-6221

  • 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館絵本作家 田島征三の空間絵本美術館です。

    鉢という小さな集落に残る旧小学校校舎。
    2009年夏、その校舎は美術館として息を吹き返しました。
    絵本作家・田島征三と、鉢集落の人々が、訪れるみなさんと一緒に、新しい発想の美術館を創造します。

    所在地:新潟県十日町市真田甲2310-1

    URL:http://www12.ocn.ne.jp/~ehon2009/

    TEL:025-752-0066

    OPEN:開館期間は4月から10月です。詳しくはホームページをご覧ください。

  • 岡山県立博物館

    かつて吉備の国とよばれた岡山県には古くから優れた文化が華開き、数多くの貴重な文化財が残されています。岡山県立博物館は、これらの文化遺産を収集・保存し、広く公開するための歴史博物館として、昭和46年(1971年)に開館しました。本館は国宝・重要文化財も展示できる公開承認施設であり、岡山県の歴史文化の情報発信基地として、さまざまな展示や教育普及事業を行っています。

    所在地:岡山県岡山市北区後楽園1-5

    URL:http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm

    TEL:086-272-1149

    FAX:086-272-1150

  • 国際芸術センター青森

    国内外で活躍するアーティストを招き滞在制作と展覧会、芸術交流を行う。
    森の中で芸術との新しい出会い。設計は安藤忠雄。

    所在地:青森県青森市合子沢字山崎152-6

    URL:http://www.acac-aomori.jp/

    TEL:017-764-5200

    FAX:017-764-5201

  • 京都府京都文化博物館

    京都文化博物館は、日本のふるさと・京都の歴史と文化をわかりやすく紹介する総合的な文化施設として、昭和63年(1988)10月にオープンいたしました。

    生活の中から芽生え、自発的で自由な発想のもとで育ってきた 京都文化を全体的に紹介し、優れた伝統文化に触れるとともに、新しい文化の創造力を呼び起こすための文化の広場です。
    (京都文化博物館HP 施設・ご利用案内より)

    ◆交通◆
    ・地下鉄「烏丸御池駅」下車、【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分 ・阪急「烏丸駅」下車、【16】番出口から高倉通りを北へ徒歩7分 
    ・京阪「三条駅」下車、【6】番出口から三条通りを西へ徒歩15分 ・JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
    ・市バス「堺町御池」下車、徒歩2分

    所在地:京都府京都市中京区三条高倉京都府京都文化博物館

    URL:http://www.bunpaku.or.jp/

    TEL:075-222-0888

    FAX:075-222-0889

  • 神戸ゆかりの美術館

    世界に向けて開かれた日本の玄関口として発展してきた港町・神戸。海や、山を背景にかつて多くの洋風建築が存在したエキゾティックな街並みは、「国際的」「ハイカラ」「モダン」「明るく開放的」といったさまざまな「神戸らしさ」を生み出してきました。

     そんな神戸の魅力に惹かれた多くの芸術家たちが、神戸を拠点に活躍し、神戸の芸術文化の発展を担うとともに、日本の美術界にも大きな足跡を残しています。

     神戸市では、神戸の地で育まれた芸術文化にふれていただこうと、平成19年3月23日、六甲アイランド(神戸ファッション美術館内)に「神戸ゆかりの美術館」を開館しました。

     芸術文化を愛する方々をはじめ、多くのみなさまにご来館いただき、神戸ゆかりの芸術家たちの息吹を感じていただけたら幸いです。
    (美術館ホームページより)

    所在地:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1神戸ファッション美術館1F

    URL:http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/

    TEL:078-858-1520

    FAX:078-858-1522

  • 箱根 彫刻の森美術館

    彫刻の森美術館は、館内を歩いて作品を観るだけでも楽しめますが、その他にも、いろいろ楽しみ方があります。ここでは、そんな様々な楽しみ方をご紹介致します。
    カフェや足湯を活用して広大なフィールドを思う存分楽しんでください。

    所在地:神奈川県神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121

    URL:http://www.hakone-oam.or.jp/index.cgi

    TEL:0460-82-1161

    FAX:0460-82-1169