PAGETOP

夏季展「美しき備え―大名細川家の武具・戦着―」

2021年8月17日 〜 2021年9月20日

永青文庫

所在地:東京都文京区目白台1-1-1

戦国時代、武将は数多くの武具・戦着(いくさぎ)を誂えました。武具とは鎧・兜などを、戦着とは陣羽織・鎧下着などを指します。それらは、命を守るための優れた機能性だけでなく、外見や意匠にも独創的な工夫が凝らされ、軍や自らの士気を高める役割を果たしました。泰平の世が続いた江戸時代も、武家の格式を象徴的に示す大切な道具として、代々が創意あふれる武具を備え続けました。そのため大名家伝来品には、武将の美意識を反映した個性豊かな武具・戦着が残されています。

永青文庫にも、大名細川家の歴代藩主たちが所有していた武具が多数伝わります。本展ではその中から、2代・忠興(ただおき、1563~1645)が考案した具足形式「三斎流(さんさいりゅう)」の甲冑や、3代・忠利(ただとし、1586~1641)所用と伝わる変わり兜、鳥の羽根を全面に装飾した珍しい陣羽織など、美的素養を有する藩主たちが誂えた武具・戦着を最新の調査結果を交えながら紹介します。戦の道具に託された武家男性の洒落た一面をお楽しみください。
 
 
会  期:2021年8月17日(火)~9月20日(日)
開館時間:10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休 館 日:月曜日(但し9/20は開館)

入館料
一般 1000円  シニア(70歳以上)800円  大学・高校生 500円
 ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
 
  
 ※新型コロナウイルス感染症、天災、災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合があります。最新の情報はTwitterにてお知らせします。
 ※ご来館にあたって事前予約は必要ありませんが、混雑時はお待ちいただく場合がございます。
 ※マスク着用の上、ご来館ください。新型コロナウイルス感染拡大予防対策については、永青文庫美術館のホームぺージをご覧ください。
 
■記念講演会につきましては永青文庫ホームぺージをご確認ください。
 *要予約

◆チケットプレゼント◆

「夏季展「美しき備え―大名細川家の武具・戦着―」」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

    お名前
    ご住所 郵便番号(例:530-0047)

    住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

    マンション名・ビル名
    メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

    メッセージ
    画像認証 captcha

    永青文庫
    〒112-0015 
    東京都文京区目白台1-1-1