PAGETOP

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

2022年9月17日 〜 2022年11月13日

世田谷美術館

所在地:東京都世田谷区砧公園1-2

いつも使っている文房具や調理器具。誰がデザインしたのかは、あまり気にしないものです。しかし、その使い勝手や身の回りに置いた時の心地よさはとても重要な要素としてあり、それはデザインによって生み出されています。
宮城壮太郎はそのような日常のものと空間を、数多くデザインしてきました。千葉大学工学部でプロダクトデザインを学んだ後、従来にない考え方の商業施設や製品を世に問うて注目を浴びていた浜野商品研究所に入ります。ここで宮城はプロダクト製品、インテリアやサインの仕事を手掛けました。1988年に独立した後、その活動領域は広がっていきます。企業の活動に視覚的な統一感を作り出すコーポレート・アイデンティティの策定もその一つです。
2011年に60歳という若さでその活動を閉じてしまうのですが、振り返ってみると、デザインによって生活というものにゆっくりと秩序をもたらしていたのだと思えてきます。亡くなって10年を過ぎた今も製造・販売されている製品があり、知らず知らずのうちに彼がデザインした日用品や事務用品を使っている方は多いのかもしれません。声高にではなく、しかし確固たる信念をもって「デザインに何ができるか」を問い続けた、宮城壮太郎の仕事をご紹介いたします。
 
宮城壮太郎
1951年、東京都に生まれる。高校在学中にデザイナーとなることを志し、千葉大学工学部工業意匠学科に入学。卒業後は、学生時代よりアルバイトをしていた浜野商品研究所に勤務。全天候型防水カメラ「HD-1」の開発(1979年)や、渋谷の東急プラザの総合リノベーション計画(1985年)に携わる。1988年に独立し、宮城デザイン事務所を設立。フリーランスのデザイナー、デザインコンサルタントとなる。アスクルはその創業時より関わり、ロゴマークからオリジナル商品まで幅広くデザインを行う。1992年よりGマーク商品選定審査委員を務めたほか(95年まで)、母校である千葉大学他で非常勤講師としてデザインを教えた。2011年、食道がんのため死去。
 
作家の言葉
これから必要なことは、多少言い古された言葉になるが、ものを作る側の論理ではなく、真にユーザーの立場に立つこと、に尽きるのではないだろうか。
「情報化時代のもののデザイン」、『デザインコンサルタント』(日本デザインコンサルタント協会出版局、2001年)
 
 
会 期:2022年9月17日(土)~11月13日(日)
時 間:10:00~18:00(最終入場時間 17:30)
休館日:毎週月曜日 *ただし、9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館。9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
 
主 催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
後 援:世田谷区、世田谷区教育委員会
助 成:一般財団法人自治総合センター
 
観覧料
一般1,200円、65歳以上1,000円、大高生800円、中小生500円
*障害者の方は500円。ただし、小中高大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料(予約不要)。
*高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものをご提示ください。

◆チケットプレゼント◆

「宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

    お名前
    ご住所 郵便番号(例:530-0047)

    住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

    マンション名・ビル名
    メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

    メッセージ
    画像認証 captcha

    世田谷美術館
    東京都世田谷区砧公園1-2