PAGETOP

モネ 連作の情景 Claude Monet: Journey to Series Paintings

2024年2月10日 〜 2024年5月6日

大阪中之島美術館

所在地:大阪府大阪市北区中之島4-3-1 

印象派の代表的な画家のひとり、クロード・モネ(1840~1926)は、自然の光と色彩に対する並外れた感覚を持ち、柔らかい色使いとあたたかい光の表現を得意とし、自然の息遣いが感じられる作品を数多く残しました。同じ場所やテーマに注目し、異なる天候、異なる時間、異なる季節を通して一瞬の表情や風の動き、時の移り変わりをカンヴァスに写し取った「連作」は、巨匠モネの画業から切り離して語ることはできません。移ろいゆく景色と、その全ての表情を描き留めようとしたモネの時と光に対する探究心が感じられる「連作」は、モネの画家としての芸術的精神を色濃く映し出していると言えるのかもしれません。
1874年に第1回印象派展が開催されてから150 年の節目を迎えることを記念し、東京と大阪を会場に国内外のモネの代表作約70点が一堂に会す本展では、モネの代名詞として日本でも広く親しまれている〈 積みわら〉 〈 睡蓮〉などをモティーフとした「連作」に焦点を当てながら、時間や光とのたゆまぬ対話を続けた画家の生涯を辿ります。また、サロン(官展)を離れ、印象派の旗手として活動を始めるきっかけとなった、日本初公開となる人物画の大作《昼食》を中心に、印象派以前の作品もご紹介し、モネの革新的な表現手法の一つである「連作」に至る過程を追います。展示作品のすべてがモネ作品となる、壮大なモネ芸術の世界をご堪能ください。
 
【展覧会公式サイト】https://www.monet2023.jp/
【関西テレビイベントサイト】https://www.ktv.jp/event/monet2024/
 
【開催期間】2024年2月10日(土)~5月6日(月・休)
【開場時間】10:00~18:00  *最終入場は17:30まで
【休 館 日】月曜日(2月12日、4月1日、15日、22日、29日、5月6日は開館)
【開催会場】大阪中之島美術館 5階展示室[〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-1]
【主  催】大阪中之島美術館、関西テレビ放送、産経新聞社
【後  援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ、大阪市教育委員会、堺市教育委員会、公益財団法人大阪観光局、山陰中央テレビジョン放送、岡山放送、テレビ新広島、テレビ愛媛、高知さんさんテレビ、テレビ西日本、ラジオ大阪、FM802、FM COCOLO
【企  画】ハタインターナショナル
【特別協賛】にしたんクリニック
【協  賛】第一生命グループ、NISSHA
【協  力】KLMオランダ航空、日本航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ルフトハンザ ドイツ航空、ヤマト運輸
【監  修】ベンノ・テンペル(デン・ハーグ美術館前館長)
【監修協力】マイケル・クラーク(前スコットランド・ナショナル・ギャラリー館長)
【日本側監修】島田紀夫(実践女子大学名誉教授)
 
【観 覧 料】 *税込/( )内は20名以上の団体料金
一般2,500円(2,300円) 高大生1,500円(1,300円) 小中生500円(300円)

 ※展示室が混雑した場合は、入場制限や整理券を配布する場合があります。
 ※未就学児は無料。
 ※障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は当日料金の半額(要証明)。
  ご来場当日、2階のチケットカウンターにてお申し出ください。(事前予約不要)
 ※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
 ※災害などにより臨時で休館となる場合があります。

◆チケットプレゼント◆

「モネ 連作の情景 Claude Monet: Journey to Series Paintings」無料観覧券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

    お名前


    ご住所

    郵便番号(例:530-0047)

    住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

    マンション名・ビル名

    メールアドレス

    PCメールアドレスをご入力ください

    メッセージ

    画像認証

    captcha

    大阪中之島美術館
    〒530-0005
    大阪府大阪市北区中之島4-3-1